探偵コラム3

探偵コラム3

探偵コラム3

不倫行為は民法第770条に定められた離婚事由になり、不倫により家庭が崩壊したのであれば婚姻の相手に裁判に持ち込まれる状況になることもあり、謝罪や慰謝料等の民事上の責任を果たさなければなりません。中年世代の男性というのは、無論肉食系の多い年代で、若い女の子 を大変好むので、相互の要求が丁度合ってしまってそのまま不倫の関係に進展してしまうようです。浮気の疑いが出たことにかなり落ち込んでいる場合もあるため、業者の選択において 適切な思考をすることが容易ではないのです。調査を依頼した探偵社によって一層ショックを受けることも意外とよくあることなのです。夫の側も自分の子供たちが一人前になるまでは自分の奥さんを異性として意識するのが困難になり、奥様とはセックスはできないという思い を持っているように思われます。不倫や浮気の相手に損害賠償等の請求をするならば、その人物の住んでいる場所や連絡先が判明していない状態では話し合いの場が持てない事と、更に相手の支払い能力も支払うべき金額と関連するので専門の業者による調査が絶対に必要となります。

探偵コラム3関連ページ

探偵コラム12
説明文12
探偵コラム11
説明文11
探偵コラム10
説明文10
探偵コラム9
説明文9
探偵コラム8
説明文8
探偵コラム7
説明文7
探偵コラム6
説明文6
探偵コラム5
説明文5
探偵コラム4
説明文4
探偵コラム2
説明文2
探偵コラム1
説明文1