探偵コラム7

探偵コラム7

探偵コラム7

自責の念にかられるばかりの晩年になっても誰も助けてはくれませんから、浮気に関する問題の結論および決定する権利は最後は自分自身にしかなく、周りはそれは誤りだと口をはさめない個人的な問題なのです。原則として浮気調査と銘打った情報収集活動には、妻あるいは夫がいるはずの人物が別の異性との付き合いにおいて性的な関係を有する不倫や不貞に対しての調査活動も盛り込まれており、きめ細かい対応が期待できます。婚姻を解消した夫婦が離婚した理由で一番多いのは異性に関わる揉め事であり、不貞を行ったパートナーにあきれ返って離婚を決意した方が結構たくさんいるものなのです。家に何時ごろ帰ってくるかとか、妻への接し方、服装の変化、携帯をいじっている時間の急激な増加など、ばれていないつもりでも妻は夫のふとした瞬間の違和感のある動きに何かを察知します。警察は業務の範囲で起こった事件を解決することに尽力しますが、探偵はそれとは守備範囲が微妙に異なり事件を未然に防ぐように立ち回ることをその役割とし刑法には抵触しない非合法なふるまいを明るみに出すようなこと をメインに行っています。

探偵コラム7関連ページ

探偵コラム12
説明文12
探偵コラム11
説明文11
探偵コラム10
説明文10
探偵コラム9
説明文9
探偵コラム8
説明文8
探偵コラム6
説明文6
探偵コラム5
説明文5
探偵コラム4
説明文4
探偵コラム3
説明文3
探偵コラム2
説明文2
探偵コラム1
説明文1